ストレスの温床であるイタチの退治をしよう|憎き害獣にバイバイ

駆除後に行なう対策法

作業員

イタチを駆除した後、何の対策も行なっていなければ、再びイタチが住み着いてしまうこともあります。退治したイタチが戻ってくることもあれば、別のイタチが巣を作る場合もあります。イタチが住処として認定した家は、他の個体のイタチにとっても理想的な場所であるため、一度退治した後はしっかりと再侵入されないように対処する必要があるでしょう。害獣駆除を行なう会社は、駆除業務を終えた後に侵入口を塞ぐ施工を行ないます。イタチは狭い隙間でも難なく入り込むことができるので、屋根や床下の通気孔を侵入口として使用する場合もあります。害獣駆除の会社は、ネットや金網を取り付けることで、イタチが通気孔から侵入するのを防ぎます。空気の出入りを阻害せず、肝心のイタチが入り込むことを防げるので、退治後の対策として高い効果が得られるでしょう。

個人で行なえるイタチの侵入防止策は、周囲にエサとなるものを配置しないことが考えられるでしょう。イタチが住み着く家の条件は、敷地周囲にイタチのエサとなるものがあることです。イタチは雑食性なので、植木にたくさんの木の実がなっている家や、イタチのエサとなるネズミや昆虫が豊富に存在する家ですと好んで住み着くでしょう。人が出す生ごみも、イタチにとってはエサとなり得るので、しっかりとした対策が必要となります。木の実を全て取り除くほか、周辺の雑草を綺麗に除草することで、虫やネズミが住み着くことを防げるでしょう。生ごみは収集車が来る直前に出すなどの対策を講じることで、臭いにつられてイタチがやってくることを防げます。退治後はこうした効果的な対策を行ない、イタチの害が再発するリスクを防ぎましょう。