愛らしい容姿で忍び寄る害獣|ストレスの元であるイタチの退治法

臭いで効果的に追い出す

哺乳類

イタチ退治を行なう上で一般的なのが、忌避剤を使っての退治です。設置することで家からすぐに追い出すことができるので、出て行った後に侵入口を塞げば二度と侵入されずに済みます。固形タイプや燻煙タイプが存在するので、状況に応じて使い分けましょう。

もっと知ろう

駆除会社へ依頼する

男女

イタチ退治を行なうならば、駆除を行なう専門の会社に依頼するのもよいでしょう。捕獲器などの罠を使って確実に捕らえるので、何度追い出しても戻ってくるイタチを確実に退治できます。出入りするルートに設置するほか、忌避剤との組み合わせにより確実にイタチを捕らえます。

もっと知ろう

駆除後に行なう対策法

作業員

イタチ退治を行なった後も、再び別のイタチに住み着かれるリスクはあります。害獣駆除を行なう会社は、退治後に侵入口を塞ぐことで再侵入を防ぎます。個人で行なう対策であれば、エサとなるものを周囲に配置しないことで、イタチがやってくることを防げます。

もっと知ろう

住み着かれることでの害

住宅

人家に入り込み悪さをする害獣として知られているのが、イタチです。見た目は非常に可愛らしいものの、屋根裏などに住まわれると騒音や悪臭による問題に悩まされるようになります。夜行性のイタチは人が寝静まった夜間にも活発に行動します。屋根裏を走り回られ、頻繁に聞こえる鳴き声によって安眠を妨害されるようになります。また、イタチは住み着いた場所の付近にたくさんの糞尿を行なうものです。イタチ自体の獣臭に加え、糞尿による悪臭が家の中にも漂うようになるため、家に住む人にとって大きなストレスの元となるでしょう。このイタチは見た目とは裏腹に、気性の激しい野生動物です。特に子供がいる場合は非常に凶暴化しており、うっかり出くわして鋭い爪や牙で怪我を負わされることもあるのです。野生のイタチは多くの病原菌を含んでいるほか、狂犬病ウィルスを保有している場合もあるため、大変危険です。もし家にイタチが住み着いたとしても、みだりに手を出してはなりません。退治グッズなどで追い出すことが難しいならば、害獣駆除を行なう会社に依頼するとよいでしょう。愛らしい容姿で忍び寄る害獣に要注意です。

イタチ退治ができるグッズはネットなどでも簡単に購入することができます。イタチの嫌がる周波数の超音波や、嫌いな臭いを発する忌避剤を用いることで、イタチと直接対峙せずに追い出すことができるでしょう。しかし、一度追い出すことに成功したとしても、再び元いた家に戻ってくることもあります。確実に退治したいならば、プロの害獣駆除会社に依頼するのがよいでしょう。トラップを用いて問題のイタチを捕らえてくれるので、二度と家に戻ってくることはありません。害獣駆除の会社に依頼する場合、費用は被害状況やイタチの個体数によって変わってきます。あらかじめ現地での調査を依頼し、前もって査定額を出してもらうようにしましょう。